れぶろぐ -ザ・フォース-
新シーズン始めます
RECENT ENTRIES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
読書の秋、もとい冬
とにかく寒い。そして臭い。

何が臭いって大学の銀杏並木が例年のごとく元気に銀杏をぽろぽろ落としやがってくださってるので、とにかく臭い。

異臭騒ぎとかたまにニュースであるけど、銀杏も間違いなく異臭じゃないだろうか。あまりストレートな表現は避けるけど、あれはうんこのにおいがする。臭い。




東野圭吾の新刊が同時に2冊刊行、しかもどちらもガリレオシリーズってことで買ってみた。

聖女の救済聖女の救済
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る


2冊あわせて3300円也。相変わらず指紋の付き易いカバーは「容疑者Xの献身」からの仕様らしい。

で、とりあえず長編の「聖女の救済」を先に読了。一言で言えば面白い。ワンアイディアトリックの本格推理小説なんだけど、どちらかというとタイトルの意味が発覚したときに背筋を襲う薄ら寒い感覚がよかった。

たぶんアマゾンのレビューには「前作には及ばない」とか書かれてるんだろうけど、個人的には前作にヒケをとらない出来。売れることが確定してる作家、かつシリーズなのに、手を抜かないのは流石だなぁと思った。

特にドラマを見てた人は是非読むことをおすすめします。
Comment
≪この記事へのコメント≫
ちょっと書店行ってくる
2008/11/13(木) 15:42:07 | URL | 神猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。