れぶろぐ -ザ・フォース-
新シーズン始めます
RECENT ENTRIES
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
やっぱり小説は面白い
ギルドジャクムというか、まぁお友達も誘ってジャクムしたわけですが、ギリギリながら無事撃破はできました。惜しむらくは戦力不足で2回できなかったことですけど、まぁ次回はnumerさんとか期待してますよ!




久々にまた本を買いました。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


内容紹介
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた緻密な構成力は、デビュー作とは思えぬ完成度である。


と紹介されてるように、湊かなえさん(女性なのかな?)のデビュー作。「デビュー作の割りによくできてるよね」というレベルでなくて、普通に今年トップレベルの小説でした。てか自分の好みにマッチしててかなり満足。

そもそも出てくる登場人物がみんなそろって倫理観の欠如して外道ばっかりで、その点でまず嫌悪感を刺激されるんですが、第1章のラストと本書の本当のラスト、この2点は特にすごい。俺は耐性があるのでまだ大丈夫だったんだけど、慣れてない人はかなりいや~な気持ちにさせられるかもしれません。

ちなみにぐろい系ではないです。そういうのが苦手でも大丈夫です。

よく「カタルシス」という言葉が用いられることがあるんですが、カタルシスっていうのは要するに「いやな展開のあとで、救いのある逆転がきて、満足感を得る」みたいなそんな感じ。例えば…



ある日突然何者かに誘拐された。
目を覚ますと小さな部屋に幽閉されていた。
ドアを開けると、そこは広い館の一室であることがわかる。
部屋の外は迷路のようになっていて、武器を持った誘拐犯たちがそこかしこにたむろしていた。
状況としてはかなり絶望的。
しかし僕はいろんな策を講じて誘拐犯たちに立ち向かい、ぎりぎりの攻防の末、その館から逃げることに成功した。
やったー!




まぁすげー適当に書いたけど、こんな展開で人はカタルシスを得られるわけです。

しかしですね、俺はどっちかっていうとこういう展開が苦手、というよりはっきり言えば物足りないわけで、仮に自分がこういう流れで小説を書くとしたら、結末はこのようにします。



ある日突然何者かに誘拐された。
目を覚ますと小さな部屋に幽閉されていた。
ドアを開けると、そこは広い館の一室であることがわかる。
部屋の外は迷路のようになっていて、武器を持った誘拐犯たちがそこかしこにたむろしていた。
状況としてはかなり絶望的。
しかし僕はいろんな策を講じて誘拐犯たちに立ち向かい、ぎりぎりの攻防の末、その館から逃げることに成功した。
やったー!

と思ったら、館の外で待ち伏せしてた誘拐犯の仲間に撃ち殺された。




これぞカタルシスぶち壊し展開。こういうオチがいいわけですよ。俺が求めてるのはこういうのなのです。

で、こういう結末を「アリ」だと思える人は、本書『告白』は大好きだと思います。陰鬱とした空気を核でふっとばすような、そういうオチです。

しかしこれでデビューかぁ。世の中にはやっぱりすごい人がいるんだなぁ。小説とか書いてみたいな、と思いながら、やはり評価されるべき資質を持ってる人の作品を見てしまうと、格の違いを思い知らされてしまいますねぇ。

Comment
≪この記事へのコメント≫
読了。

結論、悠子先生はマジ怖い。
2008/12/19(金) 16:09:47 | URL | 神猫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。